ニュース
» 2008年05月12日 17時19分 UPDATE

不具合の原因は「カタカナでなく漢字だったから」――三菱東京UFJのシステム障害

三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードがセブン銀行のATMで使えなくなるシステム障害が発生した。原因は「カタカナで転送すべきデータを漢字で処理していたから」だった。

[ITmedia]

 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードがセブン銀行のATMで使えなくなるシステム障害が5月12日に発生した。三菱東京UFJ銀行によると原因は「カタカナで転送すべきデータを漢字で処理していたから」であった。

 システムでは、旧東京三菱銀行のキャッシュカードを持つ利用者がセブン銀行で預金を引き出す際、10件以上の未記帳の記録がある場合にはそれを知らせる案内文を提示する仕組みにしている。ここで、三菱東京UFJ銀行とセブン銀行の間でデータの受け渡しはカタカナで処理する仕様になっていた。

 今回は、これをカタカナではなく誤って漢字で処理したことが不具合の原因になった。三菱東京UFJ銀行のシステム担当者が対応し、11時55分ごろに復旧したが、成立しなかった取引は合計で2万件に上った。

 同行では旧東京三菱銀と旧UFJ銀行のシステムの完全統合を進めている。同日は旧東京三菱銀の全店舗約250店で一斉に新システムに移行した。10日午後9時からATMを一時休止して作業し、12日午前7時から新システムが稼働し始めたばかりだった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ