レビュー
» 2008年05月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サーバ統合のメリット/デメリット?

サーバ統合時の課題およびWAN遅延問題の解決法について、マイクロソフト株式会社とパケッティア ジャパンが共同検証を行い、サーバ分散型および集約型それぞれにおけるメリットやサーバの最適な配置を考察した(提供:パケッティア ジャパン インク)。

[PR/ITmedia]

 Microsoft Windowsを利用した遠隔地とのネットワーク越しのファイル共有は、ビジネスのIT化において非常に重要な役割を果たしている。また、ビジネスの拡大やグローバル化によってネットワーク環境は進化を遂げ、以前よりも大規模な環境でファイル共有が行われるようになっている。しかし、LANと比較して帯域幅などに制限のあるWANでは、遅延などのパフォーマンスに関するさまざまな課題を抱えている。

 本ホワイトペーパーでは、疑似的なWAN環境において、Windowsファイル共有サービスやOffice SharePoint Serverでのファイル共有のパフォーマンスを計測し、パケッティア「iShared」を使った際のWAFS/WAN高速化の効果を検証している。なお今回は、「Windows Server 2008 WAN環境下におけるサーバの最適な配置とパフォーマンス」の前編の抜粋版となる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -