レビュー
» 2008年05月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:COBOLからOracle SQL、PL/SQLへ ─ ハイパフォーマンス・バッチ処理生成

SIerへの開発発注コストを大幅ダウン - Oracle DatabaseをエンジンとしたPL/SQLバッチ処理自動生成(提供:ワン・オー・ワン)。

[PR/ITmedia]

 現在もなお稼働している汎用機上のCOBOL資産に悩んでいないだろうか?

 ハードウェアの保守切れ、システム・アーキテクチャのレガシー化、汎用機技術者の退職、オープンシステム技術者の不足、データ量の増加、バッチ処理の遅延、どれもレガシーシステム利用者の切実な悩みだ。企業向け統合業務パッケージ(ERP)では自社にフィットしない。追加開発が膨大になることも日常茶飯事だ。特に処理がブラックボックスになっているバッチ処理システムの改革はシステム担当者にとって大きな悩みの種だ。こうした問題の解決に悩むユーザーのヒントとなる効果的なソリューションについて紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -