レビュー
» 2008年06月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ソフォスセキュリティ脅威レポート(2008年第1四半期)

2008年1〜3月のセキュリティ脅威傾向をまとめたレポート。「5秒に1度の高頻度で新たに感染サイトが発見される」など、深刻化する昨今の脅威について説明する(提供:ソフォス)。

[PR/ITmedia]

 ソフォスラボは、2008年1〜3月のセキュリティ脅威傾向について調査を行った。その結果、Webからの脅威の増加、マルウェアやハッキングによる企業からの大規模な顧客の個人情報漏えい、Mac OS Xを狙った攻撃の増加などが確認されたという。

 このレポートでは、ほか、Webサイトを利用した新たな手口や企業のウイルス対策の現状、マルウェアをホスティングしていた国のランキングなど最新情報をまとめている。後半では、ソフォスが提供するセキュリティソリューションを簡単に紹介。現状のセキュリティ脅威を読み解くことで見えた、企業に必要なセキュリティ対策とは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -