レビュー
» 2008年06月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:追加コストが発生しない帳票ツールでコストのムダを排除

帳票ツールを導入するに当たっては、将来的に追加コストが発生しなくて済むようなツールを選択するとよい。コスト圧縮が可能なオールインワンの帳票ソリューションを紹介する(提供:ブレインセラーズ・ドットコム)。

[PR/ITmedia]

 帳票システムは「一度作れば終わり」というわけにはいかない。帳票の内容や利用形態の変更に伴う出力形式の追加、利用ユーザー増加に伴うシステムのスケールアップなどが必要になる。その場合、OS変更やCPU数の追加や、帳票システムによってはオプションの追加など、多額の追加投資が必要になるかもしれない。コストを抑え、かつ柔軟な帳票システムを構築するには、最初によく考えて帳票ツールを選ぶ必要がある。

 本ホワイトペーパーでは、オールインワンの帳票ソリューション「biz-Stream」を紹介する。シンプルなライセンス体系を取っておりコスト試算しやすい。出力形式やアプリケーションインタフェースごとにオプション機能を購入する必要がないため、コスト圧縮を実現できる。サントリーや全日本空輸(ANA)といった大手企業でも採用されている同製品の機能や特長を、事例を交えて説明していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -