ニュース
» 2008年06月18日 12時38分 UPDATE

ネット経由で保管:日本IBMがバックアップサービス データ容量に応じて課金

企業が扱うデータをインターネット経由でデータセンターに送り、バックアップをするサービスを日本IBMが始める。データの容量に応じて課金をする。

[ITmedia]

 日本IBMは6月18日、企業のデータをインターネット経由で保管するサービス「IBM インフォーメーション・プロテクション・サービス リモート・データ保護」を8月1日に開始すると発表した。

 同サービスは、顧客企業のPCやファイルサーバからのデータをインターネット経由でIBMのデータセンターに送り、バックアップを行うサービス。顧客企業はPCやファイルサーバに同サービスの専用ソフトウェアを導入し、バックアップの頻度を設定すると、暗号化したデータをIBMのデータセンター自動で送信できる。データ更新による差分のみを、設定した頻度に合わせて自動的にバックアップする。

 価格は、保管期間が1週間の場合、1Gバイト当たり950円となる。保管する期間に応じて複数のメニューを提供する。ユーザーやPC単位の課金ではなく、データ量の合算で使用料金が決まる。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

IBM | バックアップ | データセンター


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -