レビュー
» 2008年06月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:成功事例に学ぶ! ファイルサーバ集約によるデータ遅延を劇的に改善する方法

三菱地所リアルエステートサービスは国内拠点のファイルサーバ集約を進めていたところ、想定外のデータ遅延現象に見舞われた。その問題を同社はどのようにして解決したのか? (提供:マクニカネットワークス)

[PR/ITmedia]

 不動産業を営む三菱地所リアルエステートサービスは、全国7拠点のほか東京、大阪2カ所のデータセンターを加えた形のネットワークの最適化を目指し、インターネットVPNへの移行を開始。また、同時に情報セキュリティマネジメント認証基準であるISO/IEC 27001(JIS27001)の取得に向けてファイルサーバ集約プロジェクトも推進していた。

 ところが、それによって業務で頻繁に使用する表計算ファイルや、物件を撮影した画像ファイルのデータ処理速度が遅くなる事態が生じ、現場の業務効率が著しく低下。同社のシステム開発室にはユーザからの改善要求が複数寄せられ、至急この問題を解決する必要に迫られた。

 解決策を模索する中で最終的に選ばれたのが、ジュニパーネットワークスが提供するWAN最適化ソリューション「Juniper WX」だ。同製品は実際にどのような改善効果をもたらしたのか? 導入経緯、製品選定のポイントなどを成功事例に学ぶ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -