ニュース
» 2008年06月27日 17時55分 UPDATE

チェンジビジョン、C#にも対応した「JUDE」の最新バージョンを発表

チェンジビジョンはシステム設計支援ソフトウェア「JUDE」の最新バージョンをリリースした。Professional版ではC#への対応も果たしている。

[ITmedia]

 チェンジビジョンは6月27日、システム設計支援ソフトウェア「JUDE」の最新バージョンとなる「JUDE/Community 5.3」「JUDE/Professional 5.3」をリリースした。

 無償のUMLモデリングツールであるJUDE/Communityは、UML 1.4が定めている各図の作成が行えるほか、モデルからJavaソースコードのスケルトンコードを出力したり、逆にJavaのプログラムを読み込んでクラス図を生成したりできる。最新版では、属性における多重度の設定や、APIの改善など幾つかの部分で改善が図られている。

tnjude1.jpg DBリバース結果のサンプル画像(JUDE Webサイトより)

 JUDE/Professionalは、JUDE/Communityの機能に加え、多くの機能が用意された有償製品(機能比較表はこちら)。最新版では新たにDBリバース、編集API、C#対応などの機能が追加されている。DBリバースツールは、ER図に関連するモデルの編集APIのサンプルとして作成されたもので、JDBCドライバを利用して、データベースのテーブル定義をJUDEプロジェクトへ変換できる。また、C#への対応を果たしたことで、モデルからC#スケルトンコードを生成することも可能となった

 なお、次バージョン(5.4)以降、Windows 2000をシステム要件から外すことがアナウンスされている(JUDE/Professionalではサポート対象OS)。

関連キーワード

UML | C# | Java | モデリング


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ