ニュース
» 2008年06月30日 23時06分 UPDATE

IPA、OSSの実証評価環境「OSSオープン・ラボ」を公開

IPAはOSSの実証評価環境「OSSオープン・ラボ」を公開、さまざまなOS環境下でOSSの開発や試用をコストを掛けずに行えるようにした。

[ITmedia]

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は6月30日、オープンソースソフトウェア(OSS)の実証評価環境「OSSオープン・ラボ」を公開した。かつてOSDL Japanで行っていたラボに似た形式で提供されている。

 同ラボは、OSSの開発や試用、体験などを行うための実証評価環境をリモートからでも利用可能にしたもの。仮想マシン環境で提供されているOSは、Red Hat Enterprise LinuxやDebian GNU/Linux、SESE Linux Enterprise、Turbolinux、Ubuntu、CentOS、Solarisなどが選択可能なほか、ツールライブラリは以下のようなものが取りそろえられており、利用者はそれらを自由に組み合わせて実験用環境を構築できる。自身が開発したソフトウェアなどをアップロードし、試験、評価、デバッグなどを行うことも可能。

tnlab.jpg OSS オープン・ラボで利用可能なツールライブラリ(発表資料より)

 OSSオープン・ラボの利用に当たっては、事前利用申請と利用期間や利用OSなどの予約を行う必要がある。使用料金などは発生せず、最大100日利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -