ニュース
» 2008年07月02日 08時00分 UPDATE

買収完了を受けて:日本オラクルと日本BEA、販売窓口を一本化

2社は、ソフトウェアライセンスの販売とサービスの提供を、日本オラクルの窓口に一本化する。

[ITmedia]

 日本オラクルと日本BEAは7月1日、2社のソフトウェアライセンスの販売とサービスの提供を、日本オラクルの窓口から行うと発表した。米Oracleが4月29日に完了したBEA Systemsの買収を受けての動きとなる。

 同体制の確立に伴い、営業やコンサルティングなどを担当する日本BEAシステムズの従業員は、順次日本オラクルに出向する。

 今回の発表に伴い、日本BEAシステムズの社長だった志賀徹也氏が、7月1日付で日本オラクルの副社長執行役員、システムテクノロジー営業統括の責任者に就任するという人事も発表された。同氏は、日本オラクルでミドルウェアおよびデータベース製品事業を手掛ける。

関連キーワード

Oracle(オラクル) | BEA | 買収


過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -