レビュー
» 2008年07月15日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:バッチ処理から脱却してリアルタイムなデータ分析を実現

従来のバッチ処理ではもはやビジネスのスピードについていけない。次世代のデータウェアハウスには、ETLを補完しデータのリアルタイム活用を実現する、新たなデータ統合手段が必須となる(提供:日本アイ・ビー・エム)。

[PR/ITmedia]

 多くのデータウェアハウスでは「多種多様なアプリケーションからデータを抽出し、複雑な変換を実行してから大量のデータを一括ロードできる」というメリットから、ETL(Extract Transform Load:データの読込み、変換、書込み)ツールを採用していた。

 しかし、業務の24時間化や情報量の増加によりバッチ・ウィンドウの確保は困難になっている。さらに、ETLツールだけでは近年高まり続けるリアルタイムなレポーティング/分析への需要に応えることができない。本ホワイトペーパーでは、従来のETL型データウェアハウスのデメリットであったリアルタイム性を補完する、リアルタイム・データ統合ソリューションの特長を探る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -