ニュース
» 2008年07月17日 18時01分 UPDATE

年内の発売へ:アバイア、iPhone 3G対応の内線通話ソフトを発表

企業内のPBXと携帯電話を接続する「Avaya one-X Mobile」がiPhoneに対応する。

[ITmedia]

 日本アバイアは7月17日、携帯電話で企業の内線システムを利用するソフトウェア「Avaya one-X Mobile」を、米Appleのスマートフォン「iPhone 3G」に対応させると発表した。2008年内に発売するという。

oneipne1.jpg 画面イメージ

 Avaya one-Xは、企業内に設置するIP-PBXソフト「Avaya Communication Manager」と連動し、内線番号で屋外にいるユーザーに発信したり、屋外にいるユーザーが企業の代表番号で発信したりできる。通話の保留や転送、電話会議機能なども搭載する。

 iPhone 3G版では、ブラウザを利用した電話番番号検索やボイスメールといった機能も利用できるようになっている。Avaya one-X Mobileは、Widows Mobile OSとSymbian OS(一部機種)を搭載する携帯電話ではすでに利用できる。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ