ニュース
» 2008年07月18日 08時00分 UPDATE

今秋に開始:ヤフーが新たな「連動型」広告 Webページの閲覧内容や履歴に応じて配信

ヤフーは、Webページの閲覧履歴や閲覧に至るまでの経路、ユーザーの性別や年代などを分析し、ユーザーの嗜好に見合った広告を配信するサービスを今秋に開始する。

[藤村能光,ITmedia]

 ヤフーは7月17日、クリック課金型のインターネット広告の新サービス「インタレストマッチ」を今秋に開始すると発表した。

 「世界初の広告商品ではないか」――ヤフーの井上雅博社長はインタレストマッチをこう表現した。同サービスは、ユーザーが閲覧したヤフーのWebサイトの内容やユーザーの属性などを分析し、嗜好に見合った広告をテキストベースで配信するサービス。「ユーザーが求める情報に一番近い広告を配信できる」(同氏)という。

 具体的には、ユーザーが閲覧したYahoo!JAPANのコンテンツやそのページに至るまでのサイト閲覧履歴、ユーザーの性別や年代、閲覧している地域などを分析する。これらを基に、「Yahoo!ニュース」「Yahoo!ファイナンス」「Yahoo!天気情報」などのコンテンツに広告を配信する。オーバーチュアの提携するパートナー企業や個人のサイトにも配信先を広げていく見込みだ。

yahoo-slide-01.jpgyahoo-slide-02.jpg インタレストマッチの詳細

 分析の対象となる閲覧履歴の範囲は日数などではなく、「閲覧したページのデータ量」(武藤芳彦広告本部長)という。どれだけのデータ量を閲覧履歴として分析し広告を配信するかは現在調整中としている。

image 井上社長

 ユーザーが閲覧するWebページに広告を配信するため、検索したキーワードに応じて広告を配信する「検索連動型広告」よりも配信の対象を広げることが可能。「掲載場所は(検索連動型広告の)10倍以上」(井上氏)となるため、広告の配信頻度も上がる。

 同サービスの開始から約1カ月後をめどに携帯電話への対応も進める予定という。

 同サービスがもたらすインパクトについて井上社長は「Yahoo!JAPANでは検索以外の利用が全体の9割以上となる。検索の精度は(検索連動型広告に比べて)10分の1になるかもしれないが、10倍のサイトに広告を配信できるため、これらを掛け合わせると、検索連動広告の市場と同じ水準の市場規模になるのではないか」と話している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -