ニュース
» 2008年08月07日 17時10分 UPDATE

IBM System xを同梱:ノベル、Xenによる仮想化パッケージを中小企業向けに発売

パッケージを購入したユーザー企業は仮想化ライセンスソフトなどが不要となるなど、コスト削減にも寄与する。

[ITmedia]

 ノベルは8月7日、中堅中小企業向けに「Xen仮想化スターターキット」を発売した。

 同キットは、仮想化でWindowsサーバの環境を統合したいという企業を対象に、検証を済みの製品をパッケージとして提供するもの。具体的には、日本IBMのx86サーバ「IBM System x シリーズ」、オープンソースの仮想化ハイパーバイザー「Xen」を標準搭載したノベルのサーバOS「SUSE Linux Enterprise Server 10」、Windowsを仮想環境で高速に動作させるための仮想化ドライバ「SUSE Linux Enterprise Virtual Machine Driver Pack」、IBM System x用に最適化されたソリューションを構築するための「構築ガイド」を同梱している。

 ユーザー企業は、迅速かつ簡単にWindows環境を仮想化できるようになる。SUSE Linux Enterprise Server 10および仮想化ソフトXenを使用するため、仮想化ソフトのライセンスが不要となり、コスト削減にも寄与する。

 製品化には、ノベルと日本IBM、サイオステクノロジーが共同で取り組んだ。ソフトウェアのサポートや販売、問い合わせの受付などはサイオステクノロジーが担当する。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Linux | 仮想化 | Xen | SUSE


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -