レビュー
» 2008年08月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ソフトウェア品質確保に欠かせない単体テスト活用法

常に変更されるソースコード。品質を保つには、コード全体への影響を日々確認しなければならない。単体レベルでの回帰テストをバッチで実施するストラテジを解説する(提供:テクマトリックス)。

[PR/ITmedia]

 ソフトウェアを開発するに当たって、コードはしょっちゅう変更されるが、コードが大規模で複雑な場合、その変更が重大な問題を引き起こす可能性は高い。しかし、「コード変更によりソフトウェアがどのように変化するか」を検出する効果的な手段がない限り、未然に問題を発見するのは困難だ。

 このホワイトペーパーでは、コードの変更が既存のコードベースに影響していないかを確認し、できるだけ人的工数を使わずに夜間のバッチ処理でコードベースへの影響を確認するにはどうしたらよいかを、Javaの大規模コードベースに焦点を当てて説明する。単体レベルで回帰テストを実行するために必須のストラテジとは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -