レビュー
» 2008年08月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:静的解析技術をコード品質保証に役立てるためのノウハウ(シンプレクス・テクノロジー事例)

マルチコアの出現で開発の複雑性は増し、エンタープライズ系ソフトウェアでも競合状態やデッドロックなど重大な並列処理欠陥が多発している。開発の初期段階で静的解析を用い、その種の不具合をどう解決できるのか? シンプレクス・テクノロジーの事例とともに説明する(提供:コベリティ 日本支社)。

[PR/ITmedia]

 マルチコアの出現によって、ソフトウェア開発業界は今、新たな問題に直面している。マルチコアデバイス開発はより複雑で、マルチスレッド固有の競合状態やデッドロックなどの並列処理欠陥が多発しやすい。こういった欠陥は複雑で検出が難しく、ソフトウェアプロジェクトに即座に不具合を生じさせる可能性がある。こういった致命的な不具合の発生を防ぐために、ソフトウェア開発会社はアプリケーション開発ライフサイクルの初期段階で、重大な問題をどう特定し解消するかを把握することが急務である。

 このホワイトペーパーでは、シンプレクス・テクノロジーの導入事例を交え、開発の初期段階でバグを検出し製品のライフタイム全体にわたって多大な時間、コスト、およびリソースを節約できるCoverityの革新的技術について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -