特集
» 2008年08月26日 17時04分 UPDATE

デジタルサイネージ最前線:電子看板から香りを放出 NTT Comがデジタルサイネージサービスを開始

専用の電子看板から香りを発生させ、販売促進や広告効果を高めるサービスをNTTコミュニケーションズが開始した。実証実験では、商品の売り上げ増や認知度の拡大といった効果が上がっているという。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は8月26日、デジタルサイネージ(電子看板)から香りを発生させて、販売促進や広告宣伝などができるサービスの提供を開始した。

香りを発生させられるデジタルサイネージ 香るサイネージのイメージ

 同サービスの名称は「Spot Media with 香り通信 〜香るサイネージ〜」という。これは、デジタルサイネージ端末に登録している映像や音声のコンテンツを再生すると、それらに応じた香りを発生装置から発生させられるもの。コンテンツは、NTT Comのデータセンターに設置したサーバから各拠点の端末に配信する。

 デジタルサイネージと香りを組み合わせた端末を使うことで、スーパーやショッピングセンターの売り場や商品棚で、商品の購買を促せるようになる。交通機関や公共施設など人通りの多い所で広告を配信することで、企業や商品の認知度を上げることも可能となる。

 同サービスは、ブロードバンド回線を使って、全国に点在する電子端末に映像や音声などのコンテンツを配信する「Spot Media」と、PC操作で専用の端末から香りを発生できるサービス「香り通信」を連動させている。

 同サービスの実証実験も重ねられている。売店内でバニラの香りを発生させた場合、ソフトクリームの売り上げ数が約1.3倍向上したほか、駅でバラの香りを放出した場合、化粧品ブランドの認知率が約2倍になったという。

 価格は、香りを発生させる装置と専用の連携ソフトを含み、初期価格は15万7500円から。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -