レビュー
» 2008年09月01日 16時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:超高速FW性能を持つUTM製品「FortiGate-310B」

2008年4月に発表した「FortiGate-310B」のメディア向け資料を初公開。4つの角度からの競合比較を交え、ファイアウォールの使い方や高スループット実現の理由を明らかにする(提供:フォーティネットジャパン)。

[PR/ITmedia]

 新しい技術は新たなセキュリティ脅威を生み出し、その脅威に対応できるセキュリティ技術が求められている。VoIPやストリーミングなど広帯域を必要とするアプリケーションが増加する中、高速性を犠牲にしないセキュリティ対策が必要だ。とはいえ、高速なセキュリティに必要以上のコストは掛けられず、必要十分なセキュリティをリーズナブルな価格で導入したいのが企業の本音である。この資料では、発表後たくさんの反響を呼んだ「FortiGate-310B」の実力を公開する。スループットはもちろん、4つの角度からの競合比較も掲載。なぜこの価格でこの性能が実現できたのか、この性能をどう生かせばよいのかに迫る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -