ニュース
» 2008年09月01日 18時10分 UPDATE

KDDI、固定電話と携帯電話の内線通話を定額で利用する新サービス

KDDIは、携帯電話と固定電話で内線通話ができる新サービスを2009年に開始する。

[ITmedia]

 KDDIは9月1日、固定電話と携帯電話との間で内線通話が利用できる「KDDI ビジネスコールダイレクト」サービスを2009年春に導入すると発表した。事前に登録したグループ内での内線通話が無料になる。

 新サービスは、固定電話と携帯電話で内線番号による通話ができるもの。携帯電話からは、ユーザーが外出先にいても内線番号を押すだけで、ほかの携帯電話や社内の固定電話へ直接発信できる。内線番号の発着信表示や転送機能なども利用可能(一部PBXは利用不可)。

kddinew.jpg サービス構成のイメージ

 従来型のサービスは、無線LANなどの設備や専用端末を併用して携帯電話で内線を利用できるようにしていたが、同サービスではKDDIなどが用意する「内線番号管理サーバ」を企業内PBXと連携させることで、利用できるようにした。

 サービスを利用するには、「KDDI光ダイレクト」や「KDDI メタルプラス(事業所用)」などの同社の電話サービスとau携帯電話端末の契約が必要。事業所間や自営内線網とも連携できるという。料金などは改めて発表するとしている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -