レビュー
» 2008年09月02日 16時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:システム変更要らず! トークン認証を付加しセキュリティ強化

従来実現が難しかったUSBトークン認証を、リバースプロキシサーバと一体化することで、低価格かつ容易に実現することが可能だ。その詳細について見てみよう(提供:飛天ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 「ユーザーID」と「パスワード」のみによる管理の危険性は周知の事実だが、多くのWebシステムを見る限り、依然としてこの方法が使われている。その原因として、複数因子による認証(2つ以上の要素からなる認証手段を使いアクセス制限を行う方法)の実現はさまざまなハードルがあり、なかなか浸透してこなかったことが挙げられる。しかしながら、ほとんどのPCにUSBポートが装備されている今日、安価なUSBトークンを利用した二因子認証の実現が可能となっている。

 このホワイトペーパーでは、USBトークン認証の実装について、その容易さやユーザー利便性、既存システムへのインパクトの有無などをリポートするとともに、USBトークン認証機能を持ったリバースプロキシサーバ「SecureVisit」を紹介。「SecureTicket」との違いと、SecureTicketからの移行についても言及する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -