レビュー
» 2008年09月05日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:情報漏えいと工事進行基準会計に文書管理システムで立ち向かう

情報共有と漏えい対策を両立させるには? 工事進行基準会計に求められる証跡管理とは? 文書管理システムでこの難題に立ち向かう方法を示唆する(提供:NEC情報システムズ)。

[PR/ITmedia]

 ビジネスでは、社内だけでなく社外パートナーなど複数の企業間で情報をやりとりする必要がある。しかしそれは、情報漏えいのリスクを高めることにもなる。さらに情報システム会社などでは、2009年から始まる「工事進行基準」に基づいた会計処理へも待ったなしで対応する必要がある。情報漏えい対策を施し、セキュアな情報共有を実現するにはどうしたらよいか。工事進行基準会計に求められる証跡管理とは何か。

 本ホワイトペーパーでは、この難題に立ち向かう方法として優れた文書管理システムの活用を示唆する。国際標準規格(ISO 15408)に準拠する高セキュリティ機能を備えた情報共有基盤の構築・導入により、属人的な管理による破たんの危険性を回避し、日常業務の中で対策を実現するソリューションを提示する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -