レビュー
» 2008年09月10日 16時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:成功事例に見るPC管理の最適化手法

PCの運用や管理方法を見直すべきときが来ている。従来の方法を惰性で続けているだけでは何も生まれない。コストを削減しつつ高い効果を得るために、システム運用部門は今、何をするべきなのか? (提供:野村総合研究所)

[PR/ITmedia]

 サーバやネットワークの運用は、エンドユーザーからはブラックボックスである。そのため、常に稼働し続ける状態をキープすることこそがシステム運用部門のミッションとなり、自ずと全体最適の方向に向かうものだ。

 一方でPCは、エンドユーザーの利用によって価値が生まれるものである。それ故に、運用担当者はユーザー1人1人をケアしていくことが大事であると思い込んでしまい、結果的にPCは個別最適のお化けになっている。この状況を観察すると、“PC管理”という領域には改革の余地が大きく残されており、少しの努力で高い効果が見込める「宝の山」であることが分かる。

 システム部門に求められるコスト削減や改善はとどまることを知らない。そこでこのホワイトペーパーでは、企業内IT管理におけるPC管理がなぜ「宝の山」なのか、具体的な事例を交えて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -