レビュー
» 2008年09月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:製造業での導入事例から見る、企業内検索エンジン選択のポイント

蓄積された情報から必要なデータを素早く取り出し、顧客への提案をスピードアップするために有効なエンタープライズサーチ。ソリューション選択のポイントを事例を通して紹介する(提供:住友電工情報システム)。

[PR/ITmedia]

 文書の電子化が進み、社内に蓄積されたデータ量は人が管理できる限界を超えている。そこで、インターネット検索と同じような感覚で埋もれた情報を検索し、データを有効活用できるのが、エンタープライズサーチ(企業内検索)だ。

 このホワイトペーパーでは、住友電工情報システムが提供する「QuickSolutionシリーズ」の導入事例を紹介する。同シリーズは、思い付いたキーワードを検索窓にいれて検索するだけで、探していたファイルやデータを見つけ出せるエンタープライズサーチシステムだ。

 計量機トップメーカーの株式会社イシダは、長年蓄積された過去の類似事例の活用とコールセンターのFAQ検索にQuickSolutionを導入した。導入を決めたポイントはどこにあったのか? 事例を通して、企業内検索の選定のポイントを見ていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -