連載
» 2008年09月25日 08時00分 UPDATE

悲しき女子ヘルプデスク物語:早けりゃいいってものじゃない――新しモノに潜むワナ (1/4)

社内システムの移行はケータイの機種変のようにはいかない。“新しいもの”と“昔からあるもの”が仲良くできるとは限らないから。それ、わたしのアンテナと同じかも……。

[鐙貴絵,ITmedia]

“新しモノ”に潜むワナ

 会社のお昼休み。同僚A子と楽しいランチへ向かっていたときに、ふと、彼女が手にしている携帯電話が目に入った。

わたし あれ? ケータイ、機種変した?

A子 そうなのー。この機種、出たばっかりでねー。

 新しい物好きのA子は、発売日にその新機種を手に入れたようだ。携帯電話の世界は動きが早い。次から次へと新機種が「増殖」している。新しく出た機種が欲しいなあ、と思いながら機種変更をせずにいると、いつの間にか欲しかった新機種が旧機種になっている、なんてことがよくある。

 新しい物には新しいサービスや機能がついていて便利。でも、新しけりゃいい……かというと、常にそうとは限らないのがこの世界。

 ある日のこと、「新しけりゃいい」が引き金となった「事件」が起きた。突然、会社のメールサーバが、外部からのメールを受け付けなくなったのだ。

 とにもかくにも原因を究明すべく、頭をフル回転させるわたし。メールサーバからインターネットへの接続はできるし、社内から社外へメールを送信することはできるから、ネットワーク的な問題ではない。ということは、メールサーバのSMTPサービスの問題か? いや、送信はできるんだから……。と頭の中はぐちゃぐちゃ。

 メールサーバを再起動すると正常に送受信ができるようになったのだが、2、3日するとまた同じ症状に見舞われた。どうやら再起動は一時的な回避策でしかなかったようだ。根本原因を探さなければ!

イラスト:本橋ゆうこ イラスト:本橋ゆうこ
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -