ニュース
» 2008年10月02日 17時33分 UPDATE

偽ウイルス対策ソフト「AntiMalwareGuard」に要注意

偽のウイルス対策ソフトが突然起動したら要注意。誘導に従って個人情報などを入力していくと、マルウェアを埋め込まれる。

[ITmedia]
Antimalware Guardのイメージ Antimalware Guardのイメージ

 欧米を中心に、ウイルススキャンサービスに見せかけたネット詐欺が増えているとして、G DATA Softwareが注意を呼びかけた。

 同社によると、偽装ウイルス対策ソフト「Antimalware Guard」が9月下旬から欧米で出回っている。インターネットを閲覧していると、「ウイルス感染の恐れあり」「エラーを発見」といったメッセージが現れ、Antimalware Guardが画面上に出現する。PCをスキャンしているように見せかけ、「ウイルス感染が見つかった」と表示する。


個人情報を入力させるフォーム 個人情報の入力画面

 この後、ウイルス対策ソフトの導入を勧められる。誘導に乗ってダウンロードをすると、1000種類以上の亜種が存在するトロイの木馬型ダウンローダー「FraudLoad」を仕掛けられる。偽ソフトの導入にあたり、クレジットカードや電話番号、メールアドレスを入力させ、個人情報を抜き取ろうとしてくる。

 同社はこの手口にだまされないために、(1)ウイルス対策ソフトのワクチンを最新の状態にしておく、(2)Webページを開く前にウイルスをチェックする機能を活用する、(3)OSやブラウザを最新の状態に更新する、(4)JavaScriptなどのコンポーネントを停止する――ことを勧めている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -