ニュース
» 2008年10月09日 13時10分 UPDATE

MicrosoftのクラウドOSの名前は「Windows Strata」?

Microsoftはデベロッパーカンファレンスのセッションテーマの中で、同社の新しいクラウドOSの名前を明らかにしたようだ。

[Joe Wilcox,eWEEK]
eWEEK

 ロング・ゼング氏は、ブログ記事の中でこのOSの名前に言及し、キット・オング氏のブログにもリンクを張っている。わたしとしては、お恥ずかしいかぎりだ。Microsoftは毎日のようにProfessional Developers Conference(PDC)のスケジュールの最新情報を掲載しているというのに、それに気付かなかったとは。

 PDCのスケジュールの最新リストを見ると、「Windows Strata」に関して8つのセッションが予定されている。スクリーンショットに示すように、これらのセッションのテーマを見ると、すべてクラウドコンピューティングに関する内容だ。

 わたしは昨日(10月7日)、「Microsoft Watch」の読者がMicrosoftのクラウドOSに対して提案した幾つかの名前を紹介した。その多くは、皮肉を込めたネーミングだった。

 MicrosoftのPDCは、ロサンゼルスで10月27日に開幕する。「Windows Strata」に関する8つのセッションのほかにも、クラウドコンピューティングに関して33本のセッションが予定されている。10月8日午前の時点で、Microsoftはクラウドコンピューティングやネットサービスと関係があるセッションを70本予定している。「クラウドコンピューティング」というタグが付いている33のセッションのうち8本は、Windows Strataにも関連している。現時点で182のセッションがある。Windows Live Meshに関するセッションは10本であり、この同期化サービスの重要性をうかがわせている。

mshyou.jpg

過去のニュース一覧はこちら

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -