レビュー
» 2008年10月15日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:シンプロビジョニングの概念と移行手順を一から解説

「シンプロビジョニング」を採用した際のストレージ管理について、その管理手法に最適な「Veritas Storage Foundation」との親和性を解説する(提供:シマンテック)。

[PR/ITmedia]

 アプリケーションが仮想ディスクに書き込むと、ストレージアレイはより多くの物理ストレージを自動的に割り当てる。このプロセスは、アプリケーションとサーバにとって透過的である。これにより事前の予測割り当てではなく、実際のストレージ要求が物理ストレージの使用状況を決定する。

 このホワイトペーパーでは、ディスクストレージ管理ソフトウェア「Veritas Storage Foundation」について説明する。ストレージのリソース管理と仮想化の画期的な方法の1つ「シンプロビジョニング」を使用、あるいは使用を計画しているデータセンターにとって、同ソフトウェアがどのような価値をもたらすかを概念的に解説し、データをシンプロビジョニングに移行するための手順などについても触れる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -