ニュース
» 2008年10月16日 14時42分 公開

ディアイティ、無線LANの「悩み調査」サービスを開始

ディアイティは、無線LANが接続できないなどの課題に対応してネットワーク調査を行うサービスを開始した。

[ITmedia]

 ディアイティは、企業内などの無線LAN環境の調査を行う「サイトサーベイサービス」を10月20日から開始すると発表した。

 同サービスは、「無線LANに接続できない」「接続が途切れる」といった無線LAN利用時のトラブル原因を調査する。無線LANの導入前および導入後の電波強度や到達範囲を可視化して、無線LANの利用環境を改善する。

 サービス内容は、導入前調査、仮設置調査、導入後調査を基本メニューとして、社内外から発せられる無線電波の状況や電波干渉の状況、上下階の電波状況、設置されたアクセスポイントの電波到達範囲を調査し、リポートを作成する。調査期間は約4週間となる。

 対象は一般企業や学校、病院などのほか、無線LANの構築を手掛ける事業者にも提供するという。調査の参考費用は18万円からとなっている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

無線LAN | 電波


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -