ニュース
» 2008年10月22日 15時04分 UPDATE

日本SGIとSCS、NASソリューションで販売提携

日本SGIと住友情報システムは、米ONStorのNASゲートウェイとHPのストレージを組み合わせたNASソリューションを提供するために販売提携を発表した。

[ITmedia]

 住商情報システムは10月22日、日本SGIとの販売代理店契約を締結を発表。米ONStorのNASゲートウェイ製品「ONStor NAS Gateway」を販売することを明らかにした。

 NASサーバからストレージ部分を切り離したNASゲートウェイ製品は、性能とストレージ容量をそれぞれ独立して拡張できる。ONStor製品はマルチベンダーのディスクアレイ装置にも対応しており、用途に応じたディスクアレイを選択できるということで注目を集めている。

 日本SGIは2006年11月に米ONStorと提携し、国内NAS市場に参入している。すでに同社が得意とするHPC分野などをはじめ多くの導入実績を持つが、ビジネスのさらなる拡大を目的に今回の販売提携に踏み切った。

 両社は今後、日本HPのディスクアレイ製品「HP StorageWorks EVAファミリ」とONStorのNASゲートウェイを組み合わせたNASソリューションを展開していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ