ニュース
» 2008年10月27日 11時46分 公開

日立電サ、ITILに準拠したSaaS型サービスデスクを検証へ

ITILに準拠したサービスデスク業務の機能をSaaSで提供するために、サイトロックと日立電サは、実証実験を12月1日に開始する。

[ITmedia]
SaaS型サービスデスク プラットフォーム 利用イメージ SaaS型サービスデスク プラットフォーム 利用イメージ

 サイトロックと日立電子サービスは、サービスデスク業務を行うために必要となる機能をSaaS(サービスとしてのソフトウェア)で提供するための実証実験を12月1日に開始する。

 同サービスの名称は「SaaS式サービスデスクプラットフォーム」という。これは、サービスデスク業務に必要なインシデント/問題/変更/構成管理などの機能をSaaSとして提供するための実証実験を行うもの。実証実験の結果はITILサービスとして、システムインテグレーターやサービス事業者などに提供する予定という。

 ITILは、投資に見合う効果が予測しにくく、導入に期間を要するといった問題があった。実証実験ではこれらの課題解決を目指す。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

ITIL | SaaS | 実証実験 | 日立電子サービス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -