ニュース
» 2008年11月05日 10時00分 UPDATE

ヴィビット、公開サイトを「見たまま」編集できるCMSの新版を発表

ヴィビットインタラクティヴが11月11日に発売するCMSは、公開するページと同様のインタフェースの管理画面で編集できる。

[ITmedia]

 ヴィビットインタラクティヴは11月5日、CMS(コンテンツ管理システム)の新版「vibit CMS 3.0」を11月11日より販売すると発表した。ASP(ソフトウェアの期間貸し)形式で提供する。公開ページと同じデザインの管理画面を操作してページの作成や更新ができるCMSで、モバイルサイトにも対応する。日本赤十字社などが採用している。

tsg1104vibit.jpgtsg1104vibit2.jpg 実際の公開画面(左)と管理画面(右)。灰色に反転した部分を編集する

 vibit CMS 3.0は、本文ページを更新すると関連するページにインデックスを自動的に生成する機能や、サイトマップを自動表示する機能を新たに搭載。PDFファイルや画像をワンクリックでアップロードできる。サムネイルや拡大画像を自動で生成して表示する機能も追加した。

 管理者が1人のWebサイト向けの「vibit CMS 3.0 ライト」、複数のユーザーで管理する中堅サイト向けの「vibit CMS 3.0 スタンダード」、サーバをインストールする「vibit CMS 3.0 エンタープライズ」を用意する。価格は以下の通り。

プラン 初期導入費 年間利用費
ライト 15万7500円から 12万6000円から
スタンダード 42万円から 25万2000円から
エンタープライズ 個別見積もり

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

CMS | 自動生成


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ