ニュース
» 2008年11月06日 08時50分 UPDATE

SunとIBM、「ODF Toolkit Union」を立ち上げ

SunとIBMが、ODFのさらなる普及を目指し、開発ツールなどを提供する組織を立ち上げた。またIBMは無料オフィススイート「Lotus Symphony」を、MacやLinuxでも利用できるようにする。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsと米IBMは11月5日、中国北京で開催中の「OpenOffice.org Conference 2008」において、ODF推進のための新たなオープンソースソフトウェア開発プロジェクトとして「OpenDocument Format(ODF) Toolkit Union」を立ち上げたと発表した。

 ODFはXMLベースのオープンな文書フォーマット。SunのStarOfficeやOpenOffice.orgなどのオフィススイートで採用されている。今回の開発プロジェクトには、まずSunが基盤となるソフトウェアコードを提供。これを基に「ODF Toolkit」として、ODF文書の読み書きと操作のためのAPIを開発者に提供する。

odf

 またIBMは、ODF推進の一環としてODFをベースとした無償オフィススイート「Lotus Symphony」を、Windows以外のMac、Ubuntu LinuxといったOSでも利用可能にし、OpenOffice 3.0とMicrosoft Officeとも互換性を持たせる計画を明らかにした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -