レビュー
» 2008年11月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:WPFで作るアプリケーション開発のポイントとサンプル徹底解剖

「WPF」や「Silverlight 2」といった新世代のUIプラットフォームのパワーを最大限に発揮するUIアーキテクチャとコンポーネントの活用法を事例を通して紹介する(提供:インフラジスティックス・ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 「WPF(Windows Presentation Foundation)」や「Silverlight 2」といった新世代のUIプラットフォームでは、これまで以上にハイレベルなユーザーエクスペリエンスやリッチなデータの視覚化が求められている。

 このホワイトペーパーでは、WPFによる実装事例「xamSalesManager」を通し、WPF開発をスムーズに行うために最適なアーキテクチャやUIコンポーネント活用のノウハウを、Silverlight 2への応用例も交えて紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -