レビュー
» 2008年11月12日 18時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「仮想化」を最大限に活かすストレージ、バックアップ、運用管理のあるべき姿

仮想化は、ただ導入すれば良いものではない。効果を最大限に発揮するために最適なストレージの選択やバックアップおよび災害対策、運用管理のポイントを紹介する(提供:EMCジャパン)。

[PR/ITmedia]

 仮想化を本格活用し、その効果を最大限に発揮するためには、利用法に適したストレージやバックアップの方法を選択し、実環境を想定した運用管理にかかる負担の度合いなどを考慮する必要がある。一方で、仮想化はよりシンプルな災害対策が構築できる優れたソリューションでもあり、ディザスタリカバリといった災害復旧計画立案への考慮も必要になる。

 このホワイトペーパーでは、EMCジャパンが提供しているさまざまな仮想化ソリューションの紹介を交えて、仮想化環境を情報インフラストラクチャへ最大限に生かすためのポイントを紹介する。

 さらに、サーバだけでなくストレージインフラストラクチャに対しても優れた効果を発揮する仮想化技術についても紹介。サーバ仮想化と合わせてEMCが提供するストレージ仮想化ソリューションを紹介していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -