レビュー
» 2008年11月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:メールを送った直後に「しまった!」と思ったことはないですか?

うっかりミスによるメールの誤送信は意外と多い。しかし、そのメールの内容が重要機密にかかわるものだった場合、取り返しのつかない事態を引き起こす可能性がある(提供:日立ソフトウェアエンジニアリング)。

[PR/ITmedia]

 新聞やテレビなどで見かける情報漏えい事故。2007年に発生した情報漏えい事故のうち、約1割はメールの誤送信が原因だったという。うっかりミスが原因で起こることの多いメール誤送信。しかし、個人のうっかりミスをすべて防ぐのは不可能に近い。では、どのような対策を取るべきか。取り返しのつかない誤送信事故が起きる前に、メールの誤送信そのものが発生しないようにするには?

 本ホワイトペーパーでは、日立ソフトウェアエンジニアリングが提供する誤送信抑止ソリューション「留め〜る(とどめーる)」を紹介する。「うっかり間違ったメールを送信してしまった」をなかったことにできる、同ソリューションの仕組みと機能を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -