連載
» 2008年11月21日 18時18分 UPDATE

オルタナブログ通信:ビジネスユースの新SNS「CU」――人脈を広げ、管理するコミュニティーは成功するのか? (1/3)

ITにまつわる時事ネタなどを、175組を超えるオルタナティブ・ブロガーが日々発信している、ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週はその中から、CU、Twitter、クラウド、Google、大統領選などを紹介しよう。

[森川拓男,ITmedia]

年賀状の季節がやってきた

 気が付けば、早くも年賀状の季節。11月20日には、真冬並の寒気が日本列島を直撃した。ここしばらくメールなどに押されがちの年賀状だったが、郵政が民営化し変化が起こったようだ。栗原進氏「栗坊のマロン通信」のキャッシュレス生活の実践 (4)年賀状もキャッシュレスでは、これまで現金で購入するしかなかった年賀状が、Webを通じてクレジットカード決済で購入できることが紹介されている。利便性が高くなるのはいいことだ。

 今回の「オルタナブログ通信」では、11月6〜12日にかけて「オルタナティブ・ブログ」へ投稿された中から、「CU」「Twitter」「クラウド」「Google」「大統領選」などのキーワードに注目した。読者がオルタナティブ・ブログを読む際の参考にしてほしいと思う。

 ここで、11月6〜12日を11月1週として、過去8週分のオルタナティブ・ブログへの投稿状況を可視化したグラフを見ていただきたい。

graph20081113.gif 11月6〜12日を最新としたオルタナティブ・ブログのステータス

 前回、大幅に続進した投稿数が今回はさらに増え、2週続けての200エントリー超えとなった。ただし、投稿されたブログの数自体は微減していて、一部のアクティブなオルタナティブ・ブロガー(オルタナブロガー)が全体をリードしたことが分かる。この調子が続くのかどうか、注目したい。

 最近、オルタナブロガーの出版が増えていることは前に紹介したが、吉田賢治郎氏「けんじろう と コラボろう!」の寄稿した文藝春秋の「日本の論点」が発売されました。では、オルタナブログのエントリーがきっかけとなった「学校裏サイト」に関する寄稿が、『日本の論点2009』(文藝春秋刊)に収録されたことが紹介された。紙数の関係上、シンプルなものとなったようだが、逆に磨かれた文章になっているのではないだろうか。それにしても100人の論客の1人としてオルタナブロガーが選ばれたのは、やはり喜ばしい。筆者も読んでみようと思った。

 それではここで、11月3〜9日の週間アクセスランキングを振り返ってみよう。

順位 週間アクセスランキング(11/3〜11/9) 前週
1 小室事件についてちょっとコメント(栗原潔のテクノロジー時評Ver2) (初)
2 【1億台】 iPodは、使いやすいけど買いにくい〜中学生の娘の、グサッとくるつぶやき(中村昭典の、気ままな数値解析) (初)
3 【速報】オバマ大統領、勝利演説の抄録(ニュータイプになろう!) (初)
4 え、オバマ候補から電話が....(佐川明美の「シアトルより愛を込めて」) (初)
5 トイレに、便座カバーをしない。(一般システムエンジニアの刻苦勉励) ↓(1)
6 東大不合格生のノートは必ず汚い?(シロクマ日報) (初)
7 ソフトバンクのiPhone 3Gローカライズに対する評価(Speed Feed) ↓(2)
8 縦書き、オフラインで青空文庫を読める文庫リーダー・「soRa」(CloseBox and OpenPod) (初)
9 小中学校のトイレ掃除で賛否両論って私には理解不能!?(平凡でもフルーツでもなく、、、) (初)
10 詐欺と楽曲は別問題でした(「走れ!プロジェクトマネージャー!」) (初)

 今回は、5位と7位以外すべてが初登場となった。

 前回も取り上げたトイレの話題は続いており、その影響か前回1位の山口陽平氏「一般システムエンジニアの刻苦勉励」のトイレに、便座カバーをしない。も5位に留まっている。少し方向性が違うが、タイムリーなネタだったのが効いたのか、「平凡でもフルーツでもなく、、、」の小中学校のトイレ掃除で賛否両論って私には理解不能!?も9位にランクインした。

 それ以外で読者の注目を集めたのは、やはり前回も取り上げた「小室哲哉逮捕」に関する、栗原潔氏「栗原潔のテクノロジー時評Ver2」の小室事件についてちょっとコメント(1位)と、大木豊成氏「走れ!プロジェクトマネージャー!」の詐欺と楽曲は別問題でした(10位)だった。

 それでは、11月6日から12日にかけてオルタナブロガーたちが注目してきたのは、どのような話題だったのか。振り返ってみたい。

オルタナブロガーが「CU」に入ってみた

 Yahoo! JAPANが提供するビジネスネットワーキングサービス「CU(シーユー)」。「ビジネスにおける人脈管理・人脈拡大をサポートし、新たなビジネスチャンスのキッカケづくりを支援する」とうたっているが、果たして実際のところはどうなのだろうか。このCU、何人かのオルタナブロガーも参加して、言及している。

ブロガー ブログ エントリー
上田修子氏 実践!SixDegree YahooのビジネスSNS「CU」に入ってみた
吉川日出行氏 ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 ゆるふわな(?)ビジネスSNS「CU」の登場に思う
大木豊成氏 走れ!プロジェクトマネージャー! CUでXactiコミュニティを立ててみた
林雅之氏 『ビジネス2.0』の視点 私もCUに入りました
加藤恭子氏 きょこ コーリング CUの本名登録について
加藤和幸氏 てくてくテクネコ 【CU】今後の発展に期待

 この中で気になったのは、吉川氏のゆるふわな(?)ビジネスSNS「CU」の登場に思う。「ビジネスSNSで“ゆるふわ”とは?」と感じたのだ。また、加藤恭子氏のCUの本名登録についてにあるように、本名を登録していない人が多いということは、CUに入っていない筆者でも容易に想像できた。筆名・芸名などのほうがいい、というケースもあるのだろうが。

 加藤和幸氏が【CU】今後の発展に期待で指摘するように、今後、どのように発展していくかにかかっており、大木氏のCUでXactiコミュニティを立ててみたにあるように、コミュニティを立ち上げるなど、ユーザーの積極的な盛り上げが必要な時期なのかもしれない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -