ニュース
» 2008年12月04日 08時00分 UPDATE

AdminIT Daily News:アキバの老舗 ぷらっとホームがクラウド向け高密度サーバを発売

ぷらっとホームは1Uラックサーバとブレードサーバの中間層を狙った高密度サーバを発売する。社内クラウドサービスの迅速な立ち上げニーズに応えるという。

[ITmedia]
CloudStationサーバユニットの構成図 CloudStationサーバユニットの構成図(画像クリックで拡大)

 ぷらっとホームは12月4日、「完全独立型」を謡う高密度実装サーバ「CloudStation(クラウドステーション)」を発表。2008年末の出荷を目指す。

 CloudStationは、4Uスペースに10ノード収容されるサーバーユニットとエンクロージャで構成される。一般的なブレードサーバは6Uから7Uに10ノード程度を格納するケースが多いため、約1.5倍の設置密度だといえる。また、既存のブレードサーバとは異なり、ネットワークインタフェースや電源ユニットを共有しない(各サーバユニットに搭載されている)ため、構成やOSの自由度が高い。もちろんエンクロージャには電源の中継/供給機能のみ実装される仕様のため、バックプレーンが故障するといったリスクは抱えない。

 1Uラックなどのサーバに対する利点としては、ECCメモリのサポートが挙げられる。(バックエンド用の1UラックサーバにはECCメモリをサポートする製品もある)またIPMIモジュールを搭載でき、遠隔からサーバを管理できる。

 各構成時の価格は次のとおり。詳細な仕様はこちら

構成名 仕様 価格
CloudStationフルセット サーバユニット(2Ghz CPU、2ギガバイトメモリ、16ギガバイトSSD)10台+エンクロージャ 188万円
CloudStationスタートアップセット サーバユニット(2Ghz CPU、2ギガバイトメモリ、16ギガバイトSSD)4台+エンクロージャ 75万2000円
CloudStationサーバユニット 1台 2Ghz CPU、2ギガバイトメモリ、16ギガバイトSSD 18万8000円
CloudStationエンクロージャ ラックマウント用キャビネット、サーバユニットを10まで収納可能 8万9800円(サーバユニット4台以上同時購入で無償提供)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ