ニュース
» 2008年12月09日 18時31分 UPDATE

米AdobeとSpringSource、エンタープライズ向けJava RIAで提携

米Adobeと米SpringSourceは、Adobe Flash、Adobe FelxとJava技術を連携させ、RIA開発の支援をする。新しいオープンソースプロジェクトの開発も進める。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Adobe Systems米SpringSourceは米国時間の12月8日、Javaアプリケーションでの「Adobe Flash」対応を容易にすることを目指して協業すると発表した。SpringSourceは新しいオープンソースプロジェクトを立ち上げ、2社の技術を統合する。

 クライアント/プレゼンテーション層のAdobe Flash、「Adobe Flex」とSpringSourceのJava技術の連携を容易にすることで、エンタープライズ向けRIA(リッチインターネットアプリケーション)の開発を促進する。これにより、Java開発者はFlexとSpring Frameworkを利用して、エンタープライズRIAを迅速に開発できるようになるという。

 この提携の下、SpringSourceは、Adobeのオープンソース技術「BlazeDS」とSpringとを密に統合することを目的とした最新のオープンソースプロジェクト「Spring BlazeDS Integration」の開発を進める。BlazeDSは、サーバ寄りのJavaリモーティング・メッセージング技術。Spring BlazeDS Integrationは、12月中旬にもβ版をリリースする予定という。

 2社は「SpringSource Adapter for Adobe LiveCycle Data Services ES」の開発を進めることも明らかにしている。「Adobe LiveCycle Data Services ES」との統合を可能にするもので、Flexをベースとしたプッシュベースのアプリケーションを構築できる。このアダプタは、2009年初めにリリースの予定だ。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -