ニュース
» 2008年12月10日 14時54分 UPDATE

正月にはもってこい!?:情報セキュリティの“いろは”が分かる「かるた」登場

昨年大いに注目を集めた「SE出世すごろく」から1年、日立システムが新たな商品を発表した。今年は情報セキュリティの豆知識が学べる「いろはかるた」だ。

[ITmedia]
セキュリティいろはかるた (あ)あて先よしCC確認出してよし、(も)「漏らしました」その一言を言う勇気――など48句を収録している

 日立システムアンドサービスは12月10日、情報セキュリティに関連するキーワードや事例などを掲載した「セキュリティいろはかるた」を12月15日に発売すると発表した。

 このかるたは、「今日から始めるセキュリティ」をテーマに、情報セキュリティのポイントをまとめたもの。「い」「ろ」「は」で始まり「京」で終わる“いろはかるた”の形式で、48句を収録している。かるたとしての遊び方に加え、絵札の裏に書かれたキーワードを使った遊び方などもできるという。

 日立システムが運営している「情報セキュリティブログ」に掲載した情報をまとめ、セキュリティの啓発とゲームとしてのおもしろさという要素を付け足して、商品化した。セキュリティをテーマに研究・教育活動を展開している慶應義塾大学大学院の武田圭史教授が監修を、ゲーム「パラッパラッパー」などのシナリオを手掛けたゲームデザイナーの伊藤ガビン氏が企画・構成を担当した。

 価格は1800円。翔泳社のWebサイト「SEshop.com」、オンラインストア「Amazon.co.jp」、紀伊国屋書店などで発売する。

 日立システムは、2005年にプロジェクトマネジメントのコツをかるたにした「名内泰藏 PM格言カルタ」、2006年には情報セキュリティの最新動向を解説した「セキュリティかるた」、2007年にはシステムエンジニアの仕事を学べる「SE出世双六(すごろく)」を発売している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -