レビュー
» 2008年12月22日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:活用例に学ぶ文書共有の勘所──「統制」と「共有」の最適バランス

膨大な文書やコンテンツを業務プロセスと連携させながら最適に管理するECM(エンタープライズコンテンツ管理)。目的別のECM活用例や効果、さらに適用の勘所を分かりやすく紹介(提供:オープンテキスト)。

[PR/ITmedia]

 ビジネス環境の急激な変化によって、内部統制やグローバル対応、業務効率の改善など、企業が直面する課題は多様化している。それに伴って、企業の情報管理の在り方は、以前にも増して重要になっている。

 特に、ビジネス文書や紙書類、メール、帳票など、定型化されていないさまざまな形式のコンテンツをいかに管理・共有していくのは非常に難しい。その理由は、業務プロセスの中で膨大な情報や文書を管理しようとすると、「統制」と「共有」のバランスを十分に検討する必要があるだ。

 この、「統制」と「共有」を両立できる、従来の文書管理に変わる仕組みとして期待されているのが、ECM(エンタープライズコンテンツ管理)だ。このホワイトペーパーでは、幾つかの活用事例を交えてECM適用の第一歩となる勘所を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ