レビュー
» 2009年01月20日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:仮想化技術で「守り」から「攻め」のIT投資へ転じるべし!

仮想化は単にコスト削減を実現する技術ではなく、「企業が転換するためのツール」である。昨今の厳しい経済環境の中、仮想化を活用して「守り」のIT投資から「攻め」のIT投資へ転じるには、どうすればよいのか? (提供:ソフトバンクテレコム)

[PR/ITmedia]

 昨今の厳しい経済環境で企業が生き残っていくためには、システムの俊敏性・合理性を高め、ビジネスの競争力をより上げていく必要がある。そのためには、従来の「守り」のIT投資から、生き残りを賭けた「攻め」のIT投資へ戦略を転換しなくてはいけない。そして、その鍵を握るのが仮想化技術だ。

 本ホワイトペーパーでは、2008年12月11日に開催されたイベント「@IT 仮想化ソリューションセミナー」で行われた講演「仮想化技術から始める企業の経営構造の転換」の内容を基に、仮想化技術を活用したデータセンターのオンデマンドプラットフォームなどが「攻め」のIT投資にどれだけ貢献できるかを考える。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -