ニュース
» 2009年02月04日 16時19分 UPDATE

集合型研修と同品質:日本オラクル、Webブラウザ経由で受講可能な技術者向け研修サービス

Webブラウザがあればいつでもどこでも受講できる技術者向けの研修サービスを、日本オラクルが4月28日に開始する。

[ITmedia]

 日本オラクルは2月4日、ネットワーク経由で技術者に研修を提供するサービス「Oracle Live Virtual Class」(Oracle LVC)を4月28日に開始すると発表した。

 Oracle LVCは、オンライン会議システムを使い、会社や自宅からオラクルの研修に参加できるようにするもの。質疑応答や演習などを実施し、対面による集合型研修と同等の内容や履修達成度を提供するとしている。

 受講者は、日本オラクルから案内されたURLにアクセスすると、講義の聴講やプレゼンテーション資料の閲覧やチャットによる質疑応答、実機での演習が体験できる。Webブラウザを読み込めるPC環境があれば、すべての研修を受講できる。

 4月から提供するのは、オラクルのデータベース/ミドルウェア/業務アプリケーション製品などを対象とする50種類の研修コース。具体的には「Oracle Database 11g 新機能概要セミナー」(6万9300円)、「Oracle E-Business Suite Release 12 統合会計系機能概要」(8万6625円)などがある。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ