ニュース
» 2009年02月05日 12時30分 UPDATE

米Citrix、マルチメディア性能とデバイス対応を強化した「XenDesktop 3」

Citrixはデスクトップ仮想化ソリューション「Citrix XenDesktop 3」をリリースした。圧縮ストリーミング技術を搭載し、音声や動画などの性能を強化した。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Citrix Systemsは米国時間の2月4日、デスクトップ仮想化ソリューションの最新版「Citrix XenDesktop 3」を発表した。マルチメディア、拡張性、管理などを強化、柔軟性やコスト削減などのメリットをもたらすという。

tsg0205xen.jpg Citrix XenDesktop 3デモ画面(出典:Citrix Systems)

 最新版では、最新の圧縮ストリーミング技術「Citrix HDX MediaStream」を搭載、音声や動画などの性能が大幅に強化され、通常のデスクトップ並みのマルチメディアエクスペリエンスを提供するという。また、「Citrix HDX Plug-and-Play」により、USBデバイス、MP3プレイヤー、スキャナーなどをプラグ&プレイで接続できるという。

 拡張性では、ホスティングする仮想デスクトップの数が前バージョンの2倍となり、密度を改善した。これにより、インフラコストを削減できるという。

 管理では、企業ネットワーク上にある既存PCへの仮想イメージストリーミング機能が加わった。ホスティングと同時に管理できるため、デスクトップ仮想化へのマイグレーションが容易になり、柔軟性も強化できる。このほかにも、プロファイル管理やスマートカードのサポートによるセキュリティ強化も加わっている。

 最新版の予想価格は1同時ユーザー当たり75ドルから。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -