ニュース
» 2009年02月10日 16時38分 UPDATE

北米などの2倍以上に:新興市場で輝きを放つRuby

Evans Dataの最近の調査によると、中国やインドなどの新興IT諸国では、Ruby言語を使っている開発者の数は北米や西欧に比べると2倍以上である。400人の開発者を対象としたこの調査では、新興市場諸国と東欧ではRuby利用に対する関心が非常に高いことが分かった。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 Evans Dataが最近実施した調査では、中国やインドなどの新興IT諸国では、Ruby言語を使っている開発者の数は、北米や西欧に比べて2倍以上であることが示された。

 Evans Dataの「Emerging Markets Development Survey」によると、中国、インドおよび中南米では、開発者の5人に1人以上が開発業務の一部でRubyを利用している。北米や西欧では、この割合は10%にすぎない。

 Evans Dataによると、この調査は400人の開発者を対象としたもので、上記の3つの新興市場地域と東欧では、開発分野の先進諸国よりもRubyの利用に対する関心がはるかに高いことが分かったという。これらの地域では、同言語の将来についても楽観的な見方をしている。Rubyに関する楽観論は特にインドで強かったが、中国と中南米でも同言語の利用が盛んだったと同社は指摘する。

 Evans Dataのジョン・アンドリュース社長兼CEOは「全般的に、スクリプティング言語の利用は、先進諸国よりも新興市場諸国の方がずっと盛んだった」と述べている。「これは、新興市場諸国の開発者の方が年齢的にずっと若く、ほかのタイプの開発よりもWeb開発にフォーカスしていることが主な理由だ」

 この調査では、回答した開発者の5%は趣味としてソフトウェアを作成しており、10%はプログラマーではないけれども、仕事の一部としてソフトウェアを開発していることも分かった。また、新興市場地域の開発者の70%以上はSOA(サービス指向アーキテクチャ)の開発または導入を計画しており、26%はSOAのコンポーネントの一部を既に配備し、残りの開発者は評価あるいは試験運用の段階である。

 さらにこの調査によると、全世界で開発ターゲットのプロセッサとして最も多く挙げられたのがIntelのCore 2プロセッサで、新興市場諸国では開発者の半数以上が同プロセッサをターゲットにしていると答えた。この傾向は特に中南米と東欧で強く、60%以上が同プロセッサをターゲットにしている。

関連キーワード

Ruby | 開発者 | 中国 | インド | フレームワーク | SOA


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ