レビュー
» 2009年02月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:コンテンツ管理の要素を理解しよう──ECMの低コスト開発

コンプライアンスや拡張性などがうたわれるエンタープライズコンテンツ管理(ECM)だが、実際の内部構造はどうなっているのだろうか。一枚岩でない構造により、業務システムを背後で支えるECMの内部構造を解説(提供:EMCジャパン)。

[PR/ITmedia]

 文書とコンテンツに関する情報(非構造化情報)をビジネスプロセスと統合して管理するエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューション。ECMソリューションは、契約書、設計図書、仕様書などのコンテンツを作成から利用・保管にわたり、ミッションクリティカルな業務フローをシステム化する。法規制や人命に関わるものの製造工程などで、社内業務全体にわたって情報セキュリティの維持、リスク軽減、コンプライアンス(法令順守)の向上を実現できる。

 このホワイトペーパーでは、実際の導入事例を通してECMソリューションを構築する上で欠かせない要素となる、中核的なテクノロジー、コンテンツ関連機能、アプリケーション統合インタフェースについて解説。ECM構築を考える企業が、表面の機能だけではく内部の構造を理解したうえでコンテンツ管理を学ぶための、入門編の技術文書となるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -