レビュー
» 2009年03月09日 14時00分 公開

ホワイトペーパー:システム障害がもたらす経営リスクを下げる方法とは?

「システム障害が引き起こす影響をいかにコントロールするか」 − これはもはやIT上の課題ではなく、経営上の課題となっている。では、ビジネスの視点からシステム障害のリスクを管理する方法はあるのだろうか? (提供:日本コンピュウェア)

[PR/ITmedia]

 航空チケットの予約・発券の停止、株式取引の停止、プロバイダーによるWebサービスの停止。これらのサービス停止は、すべてシステム障害がもたらしたものである。その影響として、以下のようなものが考えられる。

  • サービス停止中に失う取引や売買など(直接な影響)
  • 信頼性喪失や顧客満足度低下など(間接的な影響)

 上記を踏まえ、障害が発生した場合には、

  • 障害発生個所の切り分けによる即時復旧(インシデント管理)
  • 根本原因の特定と改善による再発防止対策(問題管理)

といった対応が求められるが、ここで重要なのは、「何を優先すべきか」をITの視点ではなく、ビジネスの視点から定義する必要があるということである。本ホワイトペーパーでは、このような観点から、ITサービスの管理手法である「アプリケーションパフォーマンス管理」の基本的な概念を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -