レビュー
» 2009年04月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:電力消費量の「見える化」がグリーンITへの近道

IT機器の省電力対策は、一体どこからどのように手を付けるべきなのか? まずは現状の電力消費量を測定し「見える化」することによって、初めて具体的なエネルギー効率改善の対策を講じることができるのだ(提供:マクニカネットワークス)。

[PR/ITmedia]

 グリーンIT推進のためだけではなく、昨今はITコストの削減という観点からも、IT管理者はエネルギー問題に取り組むことを求められている。

 本ホワイトペーパーでは、今日の一般的なデータセンターにおける電力消費状況を解説した上で、データセンターの設備とITインフラの消費電力を監視、分析、管理することで効果的な省電力を実現するラリタンの「リモート電源管理ソリューション」を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -