ニュース
» 2009年04月08日 08時17分 UPDATE

残存の可能性も:英国政府が日本のアダルトサイトへリンク

英内務省のサイトでリンクをクリックすると、日本のアダルトサイトにつながる状態になっていた。

[ITmedia]

 英内務省のWebサイトが何らかの手違いで日本のアダルトサイトにリンクを貼っていたことが、英BBCの報道で発覚した。セキュリティ企業Sophosの研究者がブログで伝えている。

 問題のリンクがあったのは、英内務省の治安テロリズム対策局のWebサイト。「Technical Advisory Board」へのリンクをクリックすると、日本のアダルトサイトにつながる状態になっていた。原因は調査中だという。

eghmoffc.jpg 問題のあった英内務省サイト

 内務省はBBCの指摘を受けて問題のリンクを削除したとされる。しかしSophosのグラハム・クルーリー氏によれば、同サイトでホスティングされているPDF文書には、いまだにこのアダルトサイトへのリンクが存在するという。

 リンク先の内容を知らないまま、「Technical Advisory Board」のWebサイトにリンクを貼っているサイトがほかにも存在する可能性があるとクルーリー氏は指摘し、WebサイトのURLを乗っ取られないためにもっと注意を払う必要があると警告する。なお、このアダルトサイトに問題がないとは限らず、近寄るべきではないと忠告している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ