ニュース
» 2009年04月08日 18時36分 UPDATE

5万人分が漏えい:退職社員が148万人の顧客情報を持ち出し――三菱UFJ証券が発表

三菱UFJ証券の元社員が約148万人分の顧客名簿を持ち出し、約5万人分の情報を名簿業者に売り込んでいた。

[ITmedia]

 三菱UFJ証券は4月8日、同社の元従業員が約148万人の顧客情報を不正に持ち出し、このうちの約5万人の情報が漏えいしたと発表した。警察と協力し、元社員を告訴する方針としている。

 漏えいした情報は、昨年10月3日から今年1月23日までに新規口座および投信ラップ口座を開設した顧客4万9159人分の氏名と住所、電話番号、性別、生年月日、職業、年収区分、役職、勤務先の詳細情報。同社システム部の元社員が148万6651人分の顧客情報を不正に自宅へ持ち帰り、4万9159人分の情報を名簿業者に販売した。

 同社によれば、3月中旬から顧客の問い合わせが増えたことで漏えいの事実を確認。情報セキュリティ統括責任者や顧問弁護士などで構成する緊急対策本部を設置して、調査を進めていた。

 調査の結果、元社員が3社の名簿業者に販売したことを確認。名簿業者が転売した先の企業を含めて、漏えいした情報の使用中止と破棄を依頼しており、順次合意を進めているという。4万9159人分以外の情報はすべて回収し、漏えいは無いとしている。

 同社では警察に捜査協力をして調査を継続している。全容が判明しだい詳細を発表するとともに、情報を持ち出した元社員を告訴する方針。顧客からの問い合わせを受け付ける専用の電話窓口も開設している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ