ニュース
» 2009年04月28日 08時21分 UPDATE

SEO攻撃の兆候も:豚インフルエンザに便乗スパムが出回る

「マドンナが豚インフルエンザに感染」といった件名のスパムメールが出回り、関連の単語を含んだドメイン登録も急増している。

[ITmedia]

 メキシコや米国での豚インフルエンザ流行に便乗したスパムメールや不審サイトが出現している。US-CERTやセキュリティ各社が4月27日、ブログなどで注意を呼び掛けた。

swinespam.jpg 問題のスパム(McAfeeより)

 英文のスパムメールは「Swine Flu worldwide!」(世界中で豚インフルエンザ)、「Madonna caught swine flu!」(マドンナが豚インフルエンザに感染)などの件名で出回っている。スパムメールに記載されたリンクをクリックすると、医薬品販売などの不正サイトにリダイレクトされる。

swinespam01.jpg 騒ぎに便乗した販売サイト(F-Secureより)

 騒ぎに便乗したSEO攻撃の兆候も見られるという。米国版のGoogleでは、豚を意味する「swine」という単語の検索が激増。同時にこの単語を含んだドメイン名の登録件数も急増し、McAfeeによれば約30倍に増えている。

 現時点でマルウェア配布サイトは見つかっていないが、「豚インフルエンザ・サバイバルガイド」と称するPDFファイルを19.95ドルで売り込むなど、便乗を狙ったさまざまな手口が見つかっている。

 この手のサイトで買い物をしたり、出所が不明の電子メールのリンクをクリックしたりすることのないよう、セキュリティ各社は注意を促している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -